有機溶剤 胆管がん

印刷会社従業員<胆管がん>発症者24人に 厚労省公表

 全国の印刷所の従業員に胆管がんが多発した問題で、厚生労働省は25日、これまでに印刷所での発症者24人を把握し、うち14人が死亡したと公表した。24人は20代から70代の男性で、うち18人(遺族含む)が労災を申請しているという。同省は全国約1万6000の印刷所を対象に、換気の徹底やマスクの着用など、法令が守られているか確認する一斉調査に乗り出す。

 

 前回公表時(10日)の発症者は大阪、宮城、東京、静岡、石川の5都府県の印刷所で作業していた17人だったが、更に7人の発症が判明、死者も新たに6人が確認された。厚労省によると、7人はいずれも別の事業所の従業員らで、1人は胆管がんが多発している大阪の印刷会社の社員。他の発症者の都道府県名は明らかにしていない。

 

 一斉調査は今月中に調査票を送付し、8月20日までに回答を求める。また9月から10月にかけて胆管がんの原因物質と指摘される「ジクロロメタン」などを含む有機溶剤の中毒予防規則について各地で説明会を実施。規則が守られていない印刷所に対しては立ち入り調査する。また、詳しい原因を調べるため、大阪市立大を中心とした疫学調査チームを編成。8月から大阪市の印刷会社の従業員を中心に健康調査をする。

 

 厚労省によると、胆管がんに関する相談窓口には12~23日に計396件の相談が寄せられており、深刻なケースは医療機関や労働基準監督署を紹介しているという。

 

2012年07月25日毎日新聞より引用

 

厚生労働省は、職業性胆管がんの相談窓口を設置しています→http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/tankangan/