労災保険の仕組み

労災保険の仕組み

労災保険は国((政府)が保険者となって管掌する保険です。
保険加入者は労働者を使用する事業主です。

 

原則として労災保険は強制加入となっています。

 

なお、国の直営事業、官直営の事業については、他の制度が適用されるため,労災保険の適用は、ありません。

 

 

労災保険の保険料は全額事業主が負担します。
労災保険の保険給付を受ける権利があるのは、被災した労働者および労働者の遺族です。

労災保険の給付種類

労災の保険給付は、大きく業務上災害に対する給付と通勤災害に対する給付とに分けられます。

 

保険給付の種類としては,次のような給付があります。

 

療養補償給付
被災労働者は、労災指定病院等の労災医療機関にかかれば無料で治療が受けれます。
やむを得ず指定外の医療機関で治療を受けた場合は、費用が現金で支給されます。

 

休業補償給付
療養のため労働することが出来ず賃金を受けられない時に支給されます。
休業補償給付の額は、通常平均賃金に相当する額の60%です。

 

傷病補償年金
療養開始後、1年6ケ月経っても治らず、かつ傷病等級い該当するときは、
休業補償給付を打ち切り傷病補償年金が支給されることになります。
金額は、傷病の程度に応じて給付基礎日額の313日分、277日分、245日分のいずれかとなります。

 

障害補償給付
傷病が治った後に後遺症が残ったときは、障害の程度に応じて障害補償給付が年金又は一時金として支給されます。

 

介護補償給付
障害補償年金又は傷病補償年金の受給権者であって一定の障害の程度であり、かつ常時又は随時介護を必要とする場合に、その介護を受けている期間について原則として介護に要する費用の実費(最高限度額があり)が支給されます。

 

遺族補償給付
被災労働者が死亡した時は、一定の遺族に対して遺族補償給付年金又は一時金として支給されます。

 

他に、葬祭料や二次健康診断等給付などがあります。

労災保険の仕組み関連ページ

化学物質過敏症の労災認定
化学物質過敏症の労災認定について詳しくご紹介します。
化学物質過敏症で労災認定された事例
化学物質過敏症で労災認定された事例について詳しくご紹介します。
労災や職業病について支援する団体
労災や職業病について支援する団体について詳しくご紹介します。