化学物質過敏症 原因物質

化学物質過敏症の原因物質

塗料や接着剤や有機溶剤を使用する建設現場・工場などでは、
様々な化学物質にあふれていることは言うまでもありません。

 

その他にも、シャンプーやパーマ液を使用する美容師さん、
クレゾールを消毒液としてを扱う医療関係、
化学関係、印刷関係などで働く作業者が発症する例が目立ちます。

 

原因物質の主なものには、次のようなものがあります。

 

・ホルムアルヒデド(接着剤,溶剤,塗料等に良く使われる)
・トルエン、キシレン、エチルベンゼン(塗料,合成樹脂,合成繊維、医薬品、火薬等に使われる
・フェノール、クレゾール(消毒薬,防腐剤などに使われる)
・p-ジクロロベンゼン(防虫剤などに使われる))、

 

・有機溶剤や、有機溶剤を含んだ工業薬品
   印刷用インキ(グラビアインキ、スクリーンインク他のインキ)
   接着剤(ゴム系,塩化ビニール樹脂、ポリウレタン、その他の接着剤)
   工業用油剤(ドライクリーニング用,金属表面処理用、農業用,その他の工業用油剤)
   繊維用油剤(紡績用、編織用、その他の繊維用油剤)
   殺菌剤(アセトン含有、アルコール含有、クレゾール殺菌剤、その他の殺菌剤)
   塗料(ワニス類、絶縁用ワニス類、エナメル類、油性下地塗料、ラッカー類、シーラー類、リムーバ、ペイント類、シンナー類、その他の塗料)

化学物質過敏症の原因物質関連ページ

化学物質過敏症とは
化学物質過敏症に関して詳しくご紹介します。
化学物質過敏症の症状
化学物質過敏症の主な症状に関して詳しくご紹介します。
化学物質過敏症の診断基準
化学物質過敏症の診断基準に関して詳しくご紹介します。