化学物質過敏症 労災認定

化学物質過敏症について

化学物質過敏症も、近年増えてきている病気です。

 

有機溶剤の中毒も、化学物質過敏症の一種と言えるでしょう。

 

ここに記載されている症状にと診断基準に当てはまるような方は、
一度専門医を受診してみてはいかがでしょう?

化学物質過敏症記事一覧

化学物質過敏症とは

化学物質過敏症の症状とされるものは多岐にわたっています。化学物質過敏症という病名自体、厚生省が、カルテや診療報酬明細書に記載するために、病名リストに2009年10月1日から登録した新しいものです。このようにまだ一般的に知られていない病気ですし、国から病気と認定されていない事もあるので、専門医が極めて...

≫続きを読む

化学物質過敏症の原因物質

塗料や接着剤や有機溶剤を使用する建設現場・工場などでは、様々な化学物質にあふれていることは言うまでもありません。その他にも、シャンプーやパーマ液を使用する美容師さん、クレゾールを消毒液としてを扱う医療関係、化学関係、印刷関係などで働く作業者が発症する例が目立ちます。原因物質の主なものには、次のような...

≫続きを読む

化学物質過敏症の主な症状

化学物質過敏症の症状は、体の広い器官に及び、かつ多岐に渡ります。症状が現われたときは、職場や作業の環境または使用した薬品や溶剤と係わりが無いものかを医師に相談するのが良いでしょう。多岐にわたる症状を体の器官ごとに記します。目に現れる症状かすみ、視力低下、物が二つに見える、目の前に光が走る感じ、まぶし...

≫続きを読む

化学物質過敏症の診断基準

化学物質過敏症は、普通の一般的と思われる薬品によっても、症状の出る人と出ない人があったり、出る人にも個人差が大きすぎるため、診断基準が国や行政によって違っているのが現状です。アメリカと日本の診断基準について主な項目を見てみます。アメリカの判断基準以下の主な症状がある事1・・症状に再現性がある2・・健...

≫続きを読む