有機溶剤中毒 労災認定

有機溶剤中毒について

有機溶剤中毒について詳しく解説します。

 

もし、有機溶剤を扱う工場などに勤めていて、
長期間体調不良に悩まされているなら、
有機溶剤の慢性中毒を疑った方がいいかもしれません。

有機溶剤中毒記事一覧

有機溶剤の性質

有機溶剤は、水に溶けない物を溶解する用途に用いられる液体です。常温常圧では液体であり、蒸発しやすい有機化合物になります。非常に引火しやすいものと、不燃性のものとがあります。それらの溶剤は,広く職場で使われていながら,溶剤や溶剤を混ぜて使った場合の毒性について分っていない事も多く、実際に扱う労働者にと...

≫続きを読む

急性有機溶剤中毒の症状

有機溶剤は、肺、腸管、皮膚すべての経路から体内に吸収されて麻酔作用を引き起こします。揮発性を持っているものが多いため、短時間に多量を吸入することで中枢神経が侵され、急性中毒を引き起こします。塗料や接着剤および洗浄剤、またはプラスチック材料に使われている有機溶剤などが代表的に知られています。例えば、グ...

≫続きを読む

慢性有機溶剤中毒の症状

有機溶剤に低濃度であっても、長い期間さらされ続けると慢性中毒を引き起こします。有機溶剤が体内に入る経路には、呼吸器から肺を通して入るパターンと、触れる事で皮膚から浸透するパターンがあります。体内に入ると、血液と共に体内を廻ります。有機溶剤は脂に溶ける性質があるため、脳や神経と結合しやすく、臓器に蓄積...

≫続きを読む

有機溶剤内訳

有機溶剤は、実に多くのものに使われています。塗料や接着剤、洗浄まで、その用途はとても広いです。労働者の健康や環境をを守るためにも、労働安全衛生法や有機溶剤中毒予防規則(有機則)に基づいて、正しく管理・監視しなければなりません。

≫続きを読む